スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数の読み方

数の読み方にも、音読みと訓読みがある。
音読みは、いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、く、じゅう (呉音)
訓読みは、ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、ここのつ、とお
となる。
使い分けは、助数詞の音読み、訓読みに合わせるようだ。
一枚(いちまい)、二個(にこ)、  三頭(さんとう)
一皿(ひとさら)、二筆(ふたふで)、三棟(みむね)など。
数に訓読みがあるということは、漢字が伝わる前に日本固有の数え方があったということだ。
韓国語にも同じように漢数詞と固有数詞というものがあって、次にくる助数詞によって読み方が違うそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

事務局長

Author:事務局長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。